SHIPについて

shipイメージ

 「SHIP」とは,「School and Home In Partnership」の略称、そして・・・大きく果てしない海(Great Knowledge Adventure)に乗り出していく船です。
 この船は、コンピューター制御の最新客船ではなく、天候と海の変化を観察しながら関わる全ての人たちが運命共同体として協力していかないと航海できない帆船です。

 構造改革特区を利用した日本初の試みである「ぐんま国際アカデミー(GKA)」に子供を通わせる決意をした私達。大きな期待もありますが、それ以上にたくさんの不安を抱えているのではないでしょうか。そのような状況の中で私達が望む事は、学校と家庭が情報を共有したパートナーとなって諸問題を見つめ、共にGKAを支えて行ける関係を作る事だと思います。そこから、保護者と教職員の共同体、家庭と学校が同じ方向に向かって歩む組織「School and Home In Partnership」= 「SHIP」がスタートしました。
 教職員と保護者は良きパートナーとなって同じ船「SHIP」に乗り込み、「子供達の学校生活が円滑かつ安全に送れるよう支援する」という使命のもと、休みない運航を始めました。

 子供達の学校生活を見守るため、また、ぐんま国際アカデミーを支えて行くためにも、皆様の力を貸して頂きたいと思います。そして子供達のみならず私達保護者も、国際社会という大海原へ漕ぎ出したGKAクルージングを楽しみましょう。

Next・組織体系