校舎設計コンセプト

 ぐんま国際アカデミーの校舎を設計したシーラカンス アンド アソシエイツの設計者による「未来型校舎づくりの設計ポイント」というセミナーがあり、参加してきました。
 たくさんの「しかけ」が施された校舎ですが、その基本コンセプトは1560年に描かれたピーテル・ブリューゲル「子供の遊戯」にあるようです。
 未来型校舎とは定型の箱の中に子どもたちの学校生活を押し込めるのではなく、柔軟性に富んだ子どもたちの発想力、想像力を受けとめることのできるものであるとのことです。
 この絵の中には実に91もの遊びが存在するのですが、探してみて下さい。

18年度総務委員会担当者の記事から

関連リンク
c+a 株式会社シーラカンスアンドアソシエイツ
ブリューゲル (北方ルネサンス)


画像スライス1 画像スライス2 画像スライス3 画像スライス4 画像スライス5 画像スライス6 画像スライス7

Next・屋根散水システム